住宅設計

設計事務所との家づくり

設計事務所との家づくりのイメージ

設計事務所は敷居が高い??

設計事務所と聞くと「敷居が高い」や「難しそうな印象」や「相談しにくい」など、そんなお声を耳にすることがあります。 このような声については設計事務所が日頃から地味な設計活動に専念していることや、大掛かりな宣伝広告などの営業を行わないこともその要因にあると感じています。 では実際はどうかとお伝えしますと、設計へのこだわりや個性を強く求める事務所も中にはございますが、多くは依頼されるお客様の想いや希望に真摯に向き合い親身となってご依頼に応じていく高度な専門家であると断言します。ですので決して 設計事務所=敷居が高い=ではないとお伝えします。 家づくりで大事なことは どのようなことも親身になって向き合ってくれる相性の合う建築士と丁寧な施工者を見つけることです。 そうすれば家づくりの半分は成功したようなものです。一般の方からは設計事務所というと硬いイメージを持たれますが、私が知る内ではみなさんそれぞれに意識が高く、それでいて気さくでいい人達ばかりです。 どうぞご安心してご興味のある事務所の扉をノックしてください。

設計事務所は問題解決の専門家です

設計事務所との家づくりのイメージ
設計事務所の家づくりでは一般的なご相談も多く寄せられますが、どういう訳か土地の高低に関することや特殊な立地条件での計画、また多世代が集う住まいの計画など、難易度の高いご相談も多く頂きます。これは改修をテーマにした某TV番組の影響もあるのでしょうか? お答えとしては全てとは言えませんが、日頃から法律を片手に活動を行う立場から”難問題に向き合うことが好きなこと” が当室も含めて設計事務所の得意とするところだと認識しています。 もちろん、普通のご案件のご相談にもしっかりお答えする専門家です!

設計事務所は中立な立場で家づくりを見届ける専門家です

設計事務所へ家づくりを依頼するメリットはありますか?というお声を以前頂いたことがあります。 家づくりを行うのは現在様々な会社様がありそれぞれに長所や得意なものがあります。 そんな中敢えて設計事務所に家づくりを依頼するメリットがあるとすれば、設計事務所は中立な立場で家づくりを見届けることだとお答えします。
家造りのイメージ 家造りのイメージ
このように家づくりを行う場合、依頼する先によってイラストのように違いがあります。 まず上段のイラストの建築主様が直接建設会社様へ依頼する場合は、間に設計者や監理者が存在しないわけではありませんが、建築主様と家づくりの打ち合わせを行うのは営業担当の方など必ずしも建築士であるとは限らず、明確に誰が設計者で、誰が監理者であるかを伝えられることはその建設会社様の運営体制により違いがあります。 メリットは設計と施工の窓口が一元となることで、最初のご相談から完成後のアフターサービスまでを一貫して進められることが建設会社様の家づくりです。 一方、下段の建築主様が家づくりを設計事務所へ依頼するケースでは、建築主様に直接設計者が応対し計画を練りながら設計図を作成します。 建設会社様に依頼するケースと大きく違うのは、設計を行うことでこだわりやデザインに対しより細かな要望にご対応出来ることです。また、建築会社様からの見積もりを受け取り見積もりの妥当性などを客観的な視点から確認することも行います。 更に工事を行う際には設計を行った設計者が工事監理を行い、住まいの完成までを中立的な立場で見届ける役割を持ちます。 ここが建設会社様へ依頼を行う場合と大きな違いです。また工事完了の際には工事中に行った監理を報告書として作成し建築主様へ報告を行います。 施工の立場から客観的な場に立ち、建築主様の住まいの品質を最後まで見届けて行くことが出来るのが設計事務所での家づくりです。

当室は健康な住まいづくりに取り組む設計事務所です

設計事務所の中にも大きな建築が得意な事務所からアトリエ系と言われる洗練されたデザインの得意な事務所と設計事務所も様々に存在しています。 当室ではかっこいいと言われるような家を造ることは不得手です。当室はデザインはシンプルを第一に、住まいの快適さが様々な意味で住まう方の多くの利益と喜びにつながると考え性能の高い健康な住まいづくりの設計に取り組んでいます。 健康は誰にとっても大切なもの。住まいから健康を考えることで四季を通じ暑さ寒さの少ない快適な住まいづくりを望んでいます。
PAGE TOP